再生医療(骨折・ヘルニア・がん等)

一歩先を行く再生医療を動物たちのために

尼崎市のとも動物病院では、早い時期から再生医療に取り組んでいます。再生医療とは、これまで治癒をはかるのが難しいとされていた癌や、椎間板ヘルニアによる下半身麻痺(脊髄損傷)などの疾患に対して効果が期待できる最新医療です。当院では、「幹細胞療法」と「免疫細胞療法」の2つの再生医療を行っています。「他院で治療を受けているが、いっこうに良くならない」「このまま一生治らないのか」「癌と宣告されてショックを受けている」などとお悩みの方は、一度当院にご相談ください。再生医療により、治癒をはかることができる場合があります。

再生医療とは

再生医療とは、体の臓器や器官が病気や疾患などで損傷を受けた時などに、それらの基となる細胞を体外で培養して、通常、再生することのない組織や機能の回復をはかる方法です。動物から採取した細胞を増殖させた後、再移植するため、治療中の拒絶反応が起こる危険性が極めて少なく、これまで治癒をはかることが難しいとされていた病気に対する新しい治療方法として注目されています。

幹細胞療法とは

動物の体には、様々な臓器や器官などに変化できる細胞があり、これを「幹細胞」と言います。幹細胞療法では、この細胞を体外に取り出して培養した後、再び体に戻して回復をはかります。幹細胞療法では2種類の幹細胞を使用し、1つは骨髄に含まれる骨髄液中の「骨髄幹細胞」で、もう1つは皮下脂肪中の「脂肪幹細胞」です。これらは骨、軟骨、筋肉、血管を形作る細胞に変化することがわかっており、これを利用して必要な臓器や器官の再生を促します。

効果が期待できる疾患

骨折

幹細胞が骨のまわりにある骨膜や骨細胞、血管などに分化することで、骨折により損傷を受けた部分の修復をはかります。骨の再生を促進する働きがあるので、早期の治療が期待できます。

椎間板ヘルニアによる下半身麻痺(脊髄損傷)

椎間板ヘルニアとは、脊椎の間でクッションの役割を担っている椎間板が何らかの要因により飛び出し、周囲の神経を圧迫することで痛みや麻痺などの症状を引き起こす疾患です。幹細胞療法は、この椎間板ヘルニアによる下半身麻痺に対しても効果が期待できます。幹細胞が血管に分化し、損傷を受けた部分の血流を修復することで、脊髄全体の回復を助けるとされています。椎間板ヘルニアによる麻痺のほか、交通事故による脊髄損傷の後遺症なども、手術せずに治癒をはかることが可能となります。

炎症性関節炎

幹細胞は炎症が発生している部位に移動する性質があり、その部位で免疫を調整する作用が期待できるので、炎症性関節炎の治癒をはかることが可能です。

幹細胞療法の流れ

骨髄幹細胞療法(MSC療法)

動物から骨髄液を採取して、体外で幹細胞を前培養した後、本培養にて細胞の数を増やします。増やした幹細胞を収集・洗浄して、患者に注射や点滴などで体内に戻します。

脂肪幹細胞療法(ADSC療法)

動物の皮下脂肪を採取して特殊な酸素液で分解し、幹細胞を単離させて、体外で幹細胞を前培養した後、本培養にて細胞の数を増やします。増やした幹細胞を収集・洗浄して、患者に注射や点滴などで体内に戻します。

免疫細胞療法とは

動物は、病気や怪我を自分で治そうとする免疫力を持っています。例えば、癌細胞や侵入してきた細菌・ウイルスなどを、自分の免疫力で攻撃して進行を止めたり、働きを抑制したりすることができます。免疫細胞療法とは、この免疫力を高めたり、免疫反応を引き出したりして癌の発症や進行を止める方法で、免疫力の基となる白血球のリンパ球を増殖・活性化させたもの利用します。癌にともなう痛みや貧血などの症状を緩和する効果が期待できるほか、癌の再発防止をはかることも可能となります。

期待できる効果

癌の治療はこれまで「手術」「化学療法」「放射線治療」が3大療法とされていましたが、免疫細胞療法はこれに加えて「第4の治療方法」として注目されています。大きな癌腫瘍を小さくすることはできませんが、その場合でもQOL(生活の質)が向上するという可能性は残されています。

免疫細胞療法の流れ

非特異的免疫療法「活性化リンパ球(CAT)療法」

動物の血液中からリンパ液を回収して、薬剤を加えた後、活性化・増殖します。それから2週間後、約1000倍に増殖したリンパ液を収集・洗浄して、点滴で体内に戻します。癌への攻撃力は高くありませんが、免疫力を全体的に高める効果が期待できます。

特異的免疫療法「樹状細胞-活性化リンパ球(DC-CAT)療法」

手術で摘出したがん細胞をすり潰し、リンパ液に癌細胞を特異的に攻撃させるための目印を持つ樹状細胞とともに培養します。樹状細胞と増加させたリンパ液を投与することで、癌に対する攻撃力が高い免疫反応を引き出します。

セカンドオピニオンも受け付けています

「うちの子の骨折を治したい」「他院で治療を受けているけれど、免疫細胞療法で癌を治療してほしい」といったお問い合わせ、ご要望にも対応しますので、お気軽にご相談ください。当院の院長は再生医療の研修セミナーや勉強会にも積極的に参加し、積極的に取り組んでおります。ご関心のある方は一度ご連絡ください。治療方法や費用など、詳しくご説明致します。

Tel.06-6480-7728